忍者ブログ
geass企画部屋。 期間限定で遊びます。
[12]  [10]  [11]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Author:澪






「嘘。」
 エントランスの暗がりで見る翡翠は、ずっと沈んでいて、どこまでも深い。その表情は、確かに笑っているのに、真意がはかれない。
「なに、が」
 思わぬ言葉に遮られて、先ほどまで自分が考えていたことを、忘れてしまう。彼に、嘘だと指摘されるような台詞を吐いただろうか。瞬時にルルーシュの思考が回転した。
「なんでもない、ことないだろ?」
 ああ、そこか、と安堵して、けれどそこに食いつくスザクの真意は相変らずわからない。
「ほんとに、なんでもない」
 若干反応に困ってそう口にすると、スザクが不満げに眉を顰めた。
「ルルーシュは、秘密ばっかりだ」
 何故か、真摯な睛を向けられる。それに一瞬胸が痛むが、ゆるやかに首を振って、スザクの肩を小突いた。
「一体何を心配してるのか知らないが、心配しすぎだ。何もない」
 疑り深くなったのも、軍人になったせいか、と揶揄すると、そうだよ、と低い声が返ってきて思わずスザクの睛に眼が吸い寄せられた。
「僕は、とても疑り深くなった。だからルルーシュ、」
 スザクの左手が、そっとルルーシュの頬を撫でる。
「僕に、嘘を、吐かないでね。」
 ほんの、一呼吸ほどの空白の後、ルルーシュは優しく微笑んだ。
「ああ、吐かないよ。」
 まず、第一の嘘。
 ルルーシュは脳裏でカウントして、いや、違うか、とすぐに否定する。もう、幾つも吐いている。でも違う、とすぐにまた否定が被さる。自分がゼロであることは――嘘を、吐いているわけではない。言っていないだけだ。けれどその最大の「秘め事」の周囲に、細かい虚偽が付随していることも事実。
 涼やかな美貌の奥で、一息の間にそれだけの思考をして、すぐにそれを畳む。スザクの翡翠が、そっと細められた。
「じゃあ、ルルーシュ」
 ほんわりと、微笑が咲く。
「また明日」
 スザクが、ドアを開く。外からの風が、ふわりと二人を撫でる。
「ああ、また、明日」
 明日は学校に来れるのか、と訊ねようとして、すぐにそれを止めた。意味の無い確認だ。予定外の「仕事」が入ることもざらにある。
 スザクは、また明日も、会えればいいと、そう願っているだけ。
「気をつけて帰れよ!」
 走り出した背中に向かって叫ぶと、誰に向かって言ってるの?とスザクが振り向いて笑った。見えなくなるまで、見送った。

 スザク。
 きっと以前のお前なら、一度気になったことは、納得のいくまで追求しただろう。疑り深くなった反面、無闇に踏み込んで暴く乱暴さはなくなった。確かに、幼少の頃のスザクの乱暴さは、目に余るものがあったが――けれど、まっすぐだった。心地好いほどに。

 また、お前と組めたら。

 暗い翡翠を思い出して、ルルーシュは溜め息を吐く。

 けれどもう、昔のようには。

「また明日、スザク」
 誰にも届かない囁きを、自分の耳だけで受け止めて、ドアを閉める。
 あとどれくらい、この言葉を交わせるだろう。
 そう考えてしまってから、少しだけ、感傷的になっている自分に苦笑して、ルルーシュは歩き出した。









PR


この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー 
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


現在お礼5種
フリーエリア 
最新コメント 
最新記事 
最新トラックバック 
プロフィール 
HN:
澤村ゆつき・天瀬澪
性別:
非公開
バーコード 
ブログ内検索 
カウンター 
アクセス解析 


忍者ブログ [PR]