忍者ブログ
geass企画部屋。 期間限定で遊びます。
[74]  [1]  [75]  [55]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 HNを変更し「澪」改め、「天瀬澪」になりました。よろしくお願いします。ぺこり。

 現代パロ、大変長らくお待たせして本当に申し訳ありません…!(スライディング土下座)
 待っていて下さった方々にお詫びと感謝を……;;
 本当にごめんなさい、ありがとうございます……!


 現代パロ9 Author:天瀬澪


 




 嘘を吐いたわけじゃない。でも言えなかった。言わなかったことが、たくさんある。
 年月は僕らをすこしだけ賢くも狡くもさせて。
 君にはみせたくないものも、育ててしまった。
 ねえ、ごめんなんて言っても君は怒るだけかも知れないけれど。
 でも伝えたいんだ。
 もう後悔はしたくないから。




Le Petit Prince 9





 がちゃりと玄関の鍵を開ける音が響いて、スザクはぱっと顔をあげて玄関に駆けつけた。そして開いたドアから見えたルルーシュの姿に、うるっと世界を揺らす。
 スーパーの袋片手に、少しだけ気まずそうな顔をして帰って来たルルーシュは、玄関で待っていたスザクを見て、途端にふっとやわらかく微笑った。
「飼い主を待つ犬みたいだ」
 ただいまより先に出てきた言葉に、スザクはうっとそれこそ「待て」を指示された犬のように固まってしまう。何から、何を、言えばいいのかぐるぐると思考が空回りしたのも一瞬、すぐにルルーシュが、ただいま、と玄関に立ったまま小さくつぶやく。
「――おかえり。……待ってた」
 思わずほろりと一粒涙を零すとルルーシュは靴を脱いで「大袈裟なやつだな」と呆れたように言い置いて、ずんずんと中に入っていってしまう。でもスザクは、擦れ違いざま、ルルーシュの耳が真っ赤に染まっていたのを目撃してしまって、ふっとこちらもやわらかい微笑みが面に乗った。
 キッチンに消えたルルーシュを慌てて追いかけて、謝罪を口にしようとすると、冷蔵庫を開けたままルルーシュが固まっていた。
「あ、」
 スザクがしまったと思うのと同時に、ルルーシュが白い菓子箱を冷蔵庫から取り出して中身を確かめる。そしてスザクに向き直って、「モノで釣れると思うなよ」とつんと澄まし顔をしてみせる。けれどすぐに、やわらかな表情にもどって、丁寧に箱を冷蔵庫に戻して、そのまま、昨日はすまなかったと、凛とした潔い声を響かせた。
「えっ、いや、その、僕の方こそ、ごめん……!」
 冷蔵庫の中の白い箱の中には、ルルーシュのお気に入りのお菓子屋さんのプリンが二つ。ふるふるとなめらかであまい、でも少しだけ苦い、やさしい色をした。
「ゆうべは……少し、気が立っていて……。――余計なことを、言ったと、思っている」
 冷蔵庫に向かって大真面目に話しているルルーシュを、スザクは頓狂にもかわいいと思ってしまって、かーっと顔を上気させる。
「そのっ……! ぼ、ぼくこそ、急に……えっと、だ、抱きついたりして……じゃなくて……変に詮索したりして……」
 ルルーシュが帰ってきたら言おうと思って散々脳内シミュレーションしていたことはあっさりとスザクの脳から飛んで行ってしまって、しどろもどろになりながら、伝えるべきことを探して思考も視線もうろうろとする。
 そうこうしている間に、ルルーシュはスーパーの袋からがさりと紙袋を取り出して、ずいっとスザクの胸に押しつけた。
「できるまで、しばらくかかるから、とりあえずこれでも食べて待ってろ」
 そっぽを向いているルルーシュは、けれどやっぱり耳まで真っ赤で、スザクも一緒に赤くなってしまう。
 何をしてるんだ僕たちは。
 さっきから落ち着かない鼓動と顔色をたしなめるようにこくこくと頷いて、正直に袋を持ってリビングのソファにぽすりと沈んだ。料理を手伝うと、細やかな性格のルルーシュにとっては余計に手間を取らせるだけだと最初の一回で気づいたので、今は食器洗い担当と割り切っている。
 そして改めて手渡された袋の中身を確かめると、ころころと詰め込まれたカップケーキ。ふわんとあまい香りを漂わせるそれは、もふもふふわっとやわらかいルルーシュ手作りの。
 スザクはきゅう、と途端に空腹を主張した胃に苦笑しながら、ひとつだけそれを手にとって齧って、帰ってきてくれて良かったと、ちいさな幸福をじんわりと噛みしめた。




 ナイフを入れると、じゅわりと肉汁が染み出して、薫り豊かなデミグラスソースとまじりあう。しっかりとソースに絡めてひとくち食めば、スザクの大好きな、ハンバーグの味が舌の上でとろける。
「――っ……」
 声も出せずにふるふると感動していると、目の前でルルーシュがふっと笑った。
「声も出ないほど美味いか?」
「うん、うんっ! すっっっごく、美味しい!」
 今すぐお嫁に貰いたいぐらいだよ! という素直な感想はぐっと理性で押し込めて、スザクははふはふと炊きたてのごはんも口に入れて、また感動する。
「どうしてルルーシュが炊くと、同じお米なのにこんなに美味しいんだろう!」
「ふっ。もっと褒めてもいいぞ」
 ルルーシュが得意げににやりとわらって、満足気にハンバーグを口に運んで、納得したように頷いた。きっと心中で自画自賛しているのだろう。そんなルルーシュもかわいいなと思って、さすがにスザクは浮かれている自分の思考を落ちつけようと、食事に専念した。
 ハンバーグに添えられているマッシュポテトはなめらかに舌の上でやさしい塩味とほんのわずかな酸味の余韻を残しながら溶ける。ころころと鮮やかなにんじんのグラッセは、にんじんのあまさを損なわない、まろやかな味でこれも絶品だった。
 コンソメスープもサラダも綺麗に平らげて、スザクはほわっとため息をつく。
「美味しかった……」
 まだ食べ終わっていないルルーシュが、おかわりもあるぞと言うのにスザクは首を振った。もう胸もお腹もいっぱいだった。そして、今度こそ落ち着いた思考回路で、ちゃんと話すなら今しかない、と決意する。
「その、ルルーシュ……昨日は、ほんとに、ごめん」
 かちり、とルルーシュのナイフが皿にあたる音が響いた。
「……それは、なんに対する謝罪だ?」
「えっ……、えっと、まず、君の都合や気持ちを考えずに、僕の気持ちを押しつけた……こと」
「……どんな気持ちを押しつけたと思ってるんだ」
「ええっ……! うわ、あの、えっと……き、君のことを、知りたいっていう……」
 しょぼしょぼと尻つぼみになっていくスザクの言葉を、じっとルルーシュは見つめている。背はしゃんと伸びて、睛は凛と澄んでいて、とても嘘や誤魔化しで切り抜けていい場面ではないのだと、スザクは思う。そして、大きく息を吸って、きゅっと呼吸を止めた。心臓がどっどっと大きく跳ねてうるさかった。
「君のこと、独占したい、って思ってた。その気持ちを、抑えられなくて……。ねえ、僕は、君のことが好きなんだ」
 至極真面目な貌で、最後の一口を優雅に口に運んで、咀嚼しながらルルーシュはじっとテーブルの二人の中間あたりを見つめている。もう、口から心臓が飛び出んばかりの鼓動にスザクがひとり手に汗を握っていると、ふと、ルルーシュが呟いた。
「俺だってスザクのことは好きだが――。独占されるわけにはいかないな」
 すき? すきって言った??
 スザクはぽかっと思わず口を開けてルルーシュをまじまじと見つめてしまう。ルルーシュは至って真面目な顔でスザクを見返して、ナイフを握ったままの右手で頬杖をついた。
「俺も昨日は、関係のないことを持ち出して失礼なことを言ったと思ってる。すまない。だがまあ、おまえには慰めてくれる相手がたくさんいそうだと思っていることは事実だし、俺だって根も葉もない噂を聴いただけであんなことを言ったわけではない」
 すき、の衝撃でうまく言葉が頭に入ってこないスザクは、ようやくどうやら風向きがけしてスザクにとってハッピーな方向に向いていないのではないかと感じとった。しかし時すでに遅し。ルルーシュは、ナイフをぴっとスザクの方に向けて、にっこりと小悪魔のように微笑んだ。
「俺のアルバイトは、ある人物の『愛人』を務めることなんだ」



「……はあ!?」
 たっぷりスザクが数分間思考停止している間に、ルルーシュはさっさと食器を下げにキッチンに消えてしまい、スザクが間の抜けた叫びをあげた時には、お気に入りのプリンを、満面の笑みで頬張っていた。



PR


この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー 
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


現在お礼5種
フリーエリア 
最新コメント 
最新記事 
最新トラックバック 
プロフィール 
HN:
澤村ゆつき・天瀬澪
性別:
非公開
バーコード 
ブログ内検索 
カウンター 
アクセス解析 


忍者ブログ [PR]